水素の力

今年のはじめにある女性から水素水というものを勧められた。

内心、また変な健康食品が流行りだしたな、と思った。

水素が体にいいって?

自分は根っからの理科系で、大学も理学部だが、そんな話は一度も聞いたことがない。

その女性は、水素自動車とか水素電池の話も持ち出して、これからは水素の時代と語った。

たしかに工業的分野では注目されているが、人間の健康とは話が別だろう?

ゲルマニウムが美肌にいい、という俗説と似たニオイがする話だと思った。

しかし、あまりしつこく勧めてくるので、念のために調べてみたら、水素水の大元には太田成男という大学教授がいる。

調べてみるとミトコンドリア研究で業績を残している立派な生物学者だ。

そこで彼の著書「水素水とサビない体」を取り寄せて読んでみた。

どうやら水素水というものは本物らしい。

活性酸素についても知見を得た。

活性酸素って、そりゃ何だ?と思っていたのだ。

酸素の化学的な形態群で、いろんな病気や老化の原因とされているが、最近発見されたものらしい。

この本の中でも学者仲間が酔って「俺は活性酸素は絶対認めないからな」と絡んでくる話がでてくる。

とにかく、活性酸素というのは本当にあって、本当に健康に害をなしている。

ただし、人体で一定の役割を果たすものもあって、すべてを排除するのは逆によくない。

水素水は悪玉活性酸素だけを選択的に排除してくれるそうだ。

まあ、以上がその本の一番大切な内容。

本にすっかり感銘を受けて、それなら自分で試してみようと定期購入を申し込んだ。

慢性化していた炎症が治り、疲れも取れやすいようなので、やはり効果はあるみたい。

この体験を件の女性に話して水素水を進めると、「もともと勧めたのは私よ」と笑われた。

水素水に興味を持つ人は、下記のサイトが網羅的でいいと思う。

水素水の抗酸化作用とおすすめ商品

しじみが飲み疲れに効くという件

飲み疲れにしじみ汁が効くとテレビでよく言っているのを眉唾で見ていた。

でも、どうやら本当らしい。

オルニチンというアミノ酸が効き目の正体らしくて、ほかの食べ物にも含まれているが、しじみがダントツ多いらしいのだ。

主たる働きは肝臓の中でアンモニアの分解を手伝うこと。

このアンモニアがミトコンドリアのエネルギー産生を邪魔して疲れをもたらすらしい。

しじみのサプリというのがいくつも出ている一方、純粋なオルニチンのサプリもある。

どちらがいいのかな?

まあ、ものは試し、と協和発酵バイオのオルニチンサプリと健康食研のしじみ習慣を試してみることにした。

オルニチンについて調べてみると、最近は美容目的でも使われていることがわかった。

コラーゲンドリンクなどに配合され始めている。

寝ている間に成長ホルモン分泌を促して、肌にハリを取り戻すのだとか。

飲酒疲労が取れてきれいにもなれたら、それは中年女性にとって言うことはない。

私が頼んだサプリも明日、あさってには届く。

オルニチンサプリを始めたら、安心してもっと飲めるぞ・・・って。

それでは生活コストが上がるばかりで意味ないか(笑)

探偵の世界

探偵社の業界というのは、一般人にとっては謎につつまれている。

フィリップ・マーロウとか松田優作演じる工藤俊作のようなイメージしかない。

しかし、現実の探偵社はもっと地味なもので、仕事は7割が浮気調査、2割が人探し、残りがその他もろもろらしい。

開業に免許がいるのかと思ってたら、公安委員会への届出だけでいいらしい。

届出数は5000社以上もあるそうだ。

しかし、その半分以上が自前のオフィスもないペーパーカンパニーや兼業者だそうで、残りもほとんどは個人事業ということだ。

法人で大きいところというと、原一探偵事務所など、数えるほどしかないらしい。

犯罪事件に関与して、警察ができない解決をするなどという案件は例外中の例外、ごくごく稀なことだそうだ。

探偵に憧れる人も多いようだが、実際の仕事はとても地味なものだろう。

うだるような夏や凍える冬に何時間も浮気現場を張り込んで、一瞬のチャンスを逃さずに写真撮影する。

なかなか体力も集中力も必要な仕事なのだろうと思う。

ちなみに尾行は単独ではなく、チームで行い、その連携の滑らかさがとても重要らしい。

私はこれまで探偵社に仕事を依頼したことはない。

調べられたことはもしかしたらあるのかもしれないが、自分ではわからない。

残りの人生で探偵社や興信所というものと関わることがあるかどうかわからないが、もしあればこの程度の業界知識でも多少の役には立つだろう。

少なくとも悪徳探偵に引っかかりにくくはなるはずだ。

貧血について考えてみる

貧血を理由に仕事を休む女性。
男性からしたら理解し難い。
ただ、貧血が本当にひどい人は仕事にも行けないほどなのだ。

貧血は食生活でも改善する。
貧血を改善する食べ物として有名なのは納豆だ。
納豆が栄養豊富というのは誰でも知っているだろう。
納豆に含まれている栄養は血を作るのにも役立つのだ。

それからひじき。
給食でひじきはよく食べた思い出がある。
やはり学校で出されるぐらいだから、栄養も豊富なんだろう。

貧血を改善できるのは食べ物だけではない。
ココアやアサイージュースは貧血女性には嬉しい飲み物だ。
コーヒーを飲むよりはココアを飲んだほうがいい。
ただ、ココアは太る可能性があるので、体重を気にしている女性は注意が必要だ。

食べ物や飲み物以外にもサプリで貧血を解消する方法もある。
葉酸サプリというのはご存知だろうか。
葉酸サプリといえば妊婦が服用するものと思っている人も多い。
しかし、妊婦だけでなく貧血気味の女性にとっても葉酸サプリは強い味方である。

葉酸サプリ

黒髪ショート時代の訪れ

長らく支配的だったロングと茶髪の影が薄れてきている。
まず、ギャル風のメイクやファションが姿を消した。
カラコンとかしてる子を最近みない。
ギャル雑誌はあいついで廃刊。
1年のブランクを経て小悪魔agehaが再刊するらしいが、勝算はあるのか?

黒髪復活の兆候は2年くらい前から出ていたが、ついに本格的になってきた。
街中での茶髪の減少は明らか。
タレントの中でも黒髪にする女の子が増えている。
そんな中で金髪を続けるE-girlsのAmiが目立つ。
時代からずれた感はなく、やっぱりかわいい。
中途半端な茶髪はダメ、金髪か黒髪かどっちか!ってわけか?
まあ、そういうわけでもないかもしれない。よくわからん。

ロングとショートでいうと、ショートがロングの牙城を崩し始めたというほどでもない。
しかし、人気タレントのボブ事例が明らかに増えている。
ロングもいいけど、ショートもね、っという世の中になってきたかな。

さて、中高年女性の間でも黒髪が話題になっているが、こちらはちょっと趣が違う。
茶髪か黒髪かという選択ではなくて、白髪を染めるのか、自毛の黒髪を復活させるのか、という選択だ。

地毛の黒髪を蘇らせることができるなんて驚きである。
しかもシャンプーでできる商品もあるらしい。例えば下記のサイト。

髪の毛のメラニン色素を復活させるシャンプー

私としてはおばさんの髪が白くなろうと黒くなろうとさほど興味はない。
ボブも悪くはないが、ロングの可愛い子がいなくなるのはさみしいということ。
そしてE-girlsのAmiにはずっと金髪のままでいてほしいいということ。
ただそれだけだ。